So-net無料ブログ作成
10-66移動電話

10-66移動電話のページを説明

新着記事一覧

10-66移動電話


マシュンゴ「閣下。」

シェーンコップ「ん?どうした?マシュンゴ。」

マ「不覚にもトマホークの柄を折られてしまいました。」

シェ「だったら、ナイフで戦えばよかろう?」

マ「はい。ですがそれよりももっと効率のよい方法が。」

シェ「なんだ?」

マ「移動電話機を何台かお貸し願えますでしょうか?」

シェ「なるほど。おまえさんだったら確かに効率よく戦えるな!
   そこに、戦闘中の奴らが置いていったものがある。
   好きなだけ持って行け!」

マ「ありがとうございます。閣下。」

野戦部隊であるローゼンリッターは、この移動電話を各自持ち歩いていた。
両手に、5台ずつの電話機をつかんだマシュンゴが、戦闘に復帰した。

電話機を振り回しながら、帝国兵へと突進していくマシュンゴ。

次々と、電話機によって殴り倒されていく帝国兵。

物陰から、ボゥガンでの狙撃を狙っていた帝国兵に、一台を投げつける。
その兵士は、もんどり打ってその場に倒れた。

マシュンゴが駆け抜けた後には、悶絶し、あるいは殴り殺された帝国兵の山が出来ていた。
この武勲から、帰還後マシュンゴは少尉へと昇進した。

またこの後にも、マシュンゴは装甲服を着用していない敵との戦闘では、トマホークよりも電話機を好んで使ったという。

説明しよう!

移動電話とは、携帯電話の祖先のようなものである。
銀英伝が執筆された時代には、携帯電話と言えばこの移動電話を指す。

しかし、携帯とはほど遠い形状をしていた。
A4とほぼ同じぐらいで、厚みは10cmをようやく切る箱に、受話器を取り付けただけの代物であった。
ショルダーバッグのような形状で、肩からぶら下げて持ち歩く。

その重量は1台、約6Kgに及ぶ。
値段も一台あたり、約30万円。

当然、普及などするべくも無かった。

今日的な携帯電話の出現には、後10年は待たねばならなかった。

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。