So-net無料ブログ作成
10-64イゼルローン大闇鍋パーティー

10-64イゼルローン大闇鍋パーティーのページを説明

新着記事一覧

10-64イゼルローン大闇鍋パーティー

フィッシャー「では、ただいまより大闇鍋パ^-ティーを開始いたします、
         出汁は、昆布でよろしいですね。
         さぁ、後は各官持ち寄った具を投下願います。
         まずはムライ中将から。」

ムライ「ナベと言えば魚介でありましょう。
    小官は先祖代々伝わる、吊し切りのアンコウから。」

パトリチェフ「カロリー控えめな野菜を」

アッテンボロー「どうも年寄りは常識過ぎて面白くない。
          さぁて、なんでしょね!」

ポプラン「そうそう。闇鍋ってのは何でもありだから、面白いんですよねぇ。」

ヤン「そろそろ、香り付けが必要じゃないか?」

ドバドバドバ

ユリアン「では、地球土産を。」

ポ「まさか、サイオキシンではなかろうな?」

ユ「そんなものは入れませんよ。皆が高地トレーニングをしている頃、昔日本と呼ばれていた
  小国へマシュンゴ准尉と旅してきたんですよ。
  そこのとある神社の土産物店で買った、赤福と呼ばれる商品ですよ。
  宗教自体が独特な文化を遂げていて、地球教とは関係ありませんよ。」

カリン「じゃぁ、最後は私ね!」

サラサラサラ

ポ「おい、カリン。いくら父親憎しとは言っても、我々を道連れにするな!」

カ「あら、いくら上官とはいえ、心外ですわ!
  確かに、この男は憎いわ。でも、そのために大好きな人たちを犠牲にするなんて」

ユ「(大好きな人たち・・・・・・・・っか!)」


スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。