So-net無料ブログ作成
10-61ホーフ・カイザーリーン その3

10-61ホーフ・カイザーリーン その3のページを説明

新着記事一覧

10-61ホーフ・カイザーリーン その3


ラインハルト「皇妃(カイザーリーン)よ!」

ヒルダ「はい。陛下(マインカイザー)」

ラ「プライベートなときまで、そのような呼び方は止めぬか?
  ベッドの上でなど、その呼び方で萎えそうになってしまう。」

ヒ「申し訳ございません。陛下。」

ラ「だから、止めよと!」

ヒ「では、普通に名前でお呼びください。
  私のことは、ヒルダ、と。その代わり、陛下のことは、ラインハルト様と呼ばせていただきます。

ラ「それでもよいのだが・・・・・・・・」

ヒ「何かご不満でも?」

ラ「・・・・・・・・面白味に欠ける。
  生前、キルヒアイスは余のことを、オスカル様と。余は、アンドレと呼んでいた。」

ヒ「まぁ!何ともお茶目なお話ですわね!」

ラ「幼なじみなど、そのようなものではないかな?
  後に、岡とコーチに変えたが、その後すぐにあのようなことになってしまった。」

ヒ「では、それを踏襲いたしましょうか?」

ラ「いや。止めてくれ。2度とあのような思いはしたくない。もっといいものはないか?」

ヒ「では、もっと平和でのほほんとしたものにいたしましょう。」

ラ「何か妙案でも?」

ヒ「のび太さんとしずかちゃんではいかがでしょう?」

ラ「ウム。確かに平和でのほほんとしているなぁ。」

・・・・・・・・(想像にふける)

夜の寝室

ラ「どうだ?しずかちゃん。」

ヒ「アァ!アァ!いいんですけど、なんか今ひとつ・・・・・・・・」

ラ「ドラエモ~~ン!」

ド「どうしたの、のび太君?」

ラ「しずかちゃんが、いまひとつなんだ!」」

ド「(タラララッタラ~~[るんるん])電マ~~~!
  これを使ってご覧よ。昇天間違い無しだよ!」

ラ「ありがとう、ドラエモン!」

・・・・・・・・(現実に戻る)

ラ「止めておこう。もっといい呼び方はないものか?」


スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。